わたしが知っているパパの存在をしっかり伝えていくこと。

今日は息子とともに、パパのお墓詣り。お盆なのでお迎えに行ってきました。


埼玉にあるお墓へは、いつもは車でいくのですが、

今日は、午前中にどうしてもはずせないMTGがあったので、会社へ寄ってからいくことにいたしました。


そんな日のコーデはリラックスコーデで。

5歳になる息子は、日々やんちゃ。

テンションもかなり高めなので、ついていくのに必死なママです(笑)

トップス #サロン デュ ラ トリニーテ

パンツ  #Deuxieme Classe

ハット  #ロンハーマン

サンダル #シバンシィ

BAG   #KANKEN


息子くんはクレヨンしんちゃんのような子供なので、

それはそれは、大変です。

ママを怒らせるのに、あの手この手を使います。


初めは笑って付き合ってあげるのですが、度が過ぎることがほとんど。

あえて、それを楽しんでいる様子の息子くん。

そんなところがクレヨンしんちゃんのようなのです。


わたしは、なるべく怒らないように、深呼吸をしてリラックスを心掛けます。

なので、服装もゆったりめをチョイスします。


走る回る息子を追いかけたり、

息子の荷物を持ったりと

両手が空かないと困るので、息子と兼用のカンケンのリュックで出かけました。

カンケンリュックは、軽くて丈夫。

どんなテイストにもマッチするので、一つ持っているとかなり使えます。

男女問わず使えるので、パパと兼用もいいですね。



そして、

シンプルな服装が多くなったわたしは、

アクセサリーで遊ぶようにしてます。

リング     #agate

ネックレス   #agate

ラタンバングル #ADER

時計      #ダニエル ウェリントン


アクセサリーをつけるのは面倒に思っていたわたしですが、

このほうがプチプラの洋服でも様になるので、実はコスパがいいことを学んだこの頃です。


さてさて息子の話に戻します。

2,3歳のころは、お墓参りの意味がわからなかった息子も、5歳になりまして、

お墓参りの大切さは感じてくれているみたい。

パパのお墓にいくときは、なんだか小旅行気分で楽しんでくれています。


なのでこの笑顔です。

生まれ持ってお父さんの”キオク”がない息子。

実際にどんな風に受け入れているか、きちんとした答えを彼の口からは聞いたことはありません。


なので、わたしから一度聞いたことがあります。

「パパという存在はよくわからない」という答えでした。


それもそうだろうなぁと思います。

ですが、わたしがやるべきことの一番は

わたしが知っているパパの存在をしっかり伝えていくこと。だと思います。

お墓参りには、いい機会なのでどんな人だったかを伝えます。



・パパとママがどれだけ仲がよかったか、伝えます。

・あなたは愛されて生まれてきたのだと、伝えます。

・パパはあなたに会うのを心から楽しみにしていたのだと、伝えます。

・パパはとても沢山の人に愛されていたと、伝えます。

・ママはパパをとても尊敬していたと、伝えます。


他にも伝えたい事が沢山です。


そんな話を聞く息子は

「僕とパパ、どっちが好きなの?」と焼きもちをやきます。

「パパより僕のほうがママを好きなんだよ」なんて甘いことも言います。


まだまだ可愛いさかりですね(笑)


幸い、結婚式のスピーチのビデオが残っています。

あえて見せることはしなかったのですが、一度だけ観たいと言い出した時がありました。

反応は?というと、ぽかんとしてましたが、

「パパってこんな声なんだね~」なんて言ってました。


大きな感情の変化はまだ小さかったからわからなかったのがもしれません。


これから先、

息子が色々な経験を重ね、人への想いや沢山の心の変化を、自分の心で感じれる時がきたら、

お酒を飲みながら、もう一度、結婚式のビデオをみたいなぁと思います。



ブログをご覧の皆さんは、どんな風に思っているかわかりませんが、

息子はどちらかというとパパ似ではあります。


わたしとしては、大人になった息子のどこかしらに、パパの面影がでてくるのが

とても楽しみなんです。生きがいの一つ。子は宝です。


こんな可愛い息子を残してくれた天国のパパに感謝。


お盆は家族でゆっくり一緒に過ごしたいと思います。







0コメント

  • 1000 / 1000