今年もお世話になります。リゾナーレ小浜島。

今年もやってきました。

リゾナーレ小浜島。


羽田から、石垣までの直行便にのり、

バスでフェリー乗り場へ(20分くらいかかります。タクシーだと3000円くらい)

16時のフェリーに乗って、石垣港を出港。

2回目ともなると、なれるの焦ることなく

チケットかったり、必要なものを買ったり、記念写真をとったりと、楽勝でした。


リゾナーレ小浜島へ向かうフェリーの中では、


『ねぇ?オレンジの服きたお兄さん、覚えてくれているかなー』

『また、話したいな~』


とずっと言ってました。

到着するなり、迎えてくれた、”オレンジの服のお兄さん”

リゾナーレ小浜島のアクティビティデスクのお兄さんです。

爽やかさが溢れているので、すぐにわかります(笑)


今年も戸田親子は、お兄さんにおすすめプランをアテンドしてもらいましたよ。

沢山あるので、どれがいいのか、全くわからない戸田。

むしろ、到着そうそうで疲れたので、誰かに決めてもらいたいくらい。

旅行って、タイプ別れますよね。

自分でしっかり決めたいタイプと、ついていきます~タイプと。


息子も比較的、

人任せなんで、「ママの好きなものでいーよ」とか

「なんでもいーよ」とか言われちゃうし、

ママは困ってしまうんですよね。

そんな時は”オレンジの服のお兄さん”が頼りに。

さくさくっとおすすめを教えてくれて、タイムスケジュールの提案もしてくれるので

あっという間にに、プラン決定。


本当に助かります。

ありがとうございます。

お部屋はデイベット付きの広々なお部屋。

タオルで作ったぞうさんがお出迎え。


あまりの可愛さに自分で作りたいと、解体したら最後。

もとの形には戻りませんでした(笑)

息子くん


到着なり飛び込むのは、デイベット。

そりゃ飛び込みたくなるよね、ママも飛び込みたかったけど

案内してくれたお姉さんがいたので、さすがにできずでした(笑)

飛んだり、跳ねたり忙しい(笑)

でもこうやって喜んでうれるとは、はるばる来たかいがありました。


ママの仕事の半分以上はすでに終了した気分です(笑)

お部屋はラタンのソファにその奥がBED。

2人には十分すぎるくらい豪華。

天井も高く、この開放感が最高にいいですよね。

リゾナーレ小浜島のアメニティーはロクシタン。

スキンケアパックのマスクもあって、日差しに照らされたお肌には本当に嬉しいです。

心使いが嬉しい限り。

よく在ってもいいサービスですが、他ではあまり見かけないかもです。

広いお風呂が大好きな息子。

おじいちゃんの影響でよく温泉に連れてってもらっているので、

どこかおじさんくさく、

『あ~いい湯だね~』と幸せそうな顔をしてました。

今回のお部屋は

敷地内にある池のほとりに建っているお部屋。

なので、ベランダでれば、お池さん。

眺めもよく、夜のライトアップがロマンティック。



リゾナーレ小浜島の好きなところの一つとして

夜景やライトアップが幻想的、


プライベートビーチでのイベントもあって


今は、ハロウィンの飾りつけがしてあるらしい。



今夜の食事の後に観に行ってきます。

では、

今年もお世話になります。

リゾナーレ小浜島。


2回目となると大分リラックス。

楽しんできます。


0コメント

  • 1000 / 1000