ワーキングマザーに立ちはだかる「小1の壁」の大きさとは如何なるものか?

今晩は。

日曜日は、息子が来春から通う予定の小学校にて 

学芸会が行われるということで

観に行ってきました。


学校近くの雰囲気のいいカフェにて早めのランチを済ませて

しばし、息子君とランチデート。


わたしはすでに学校見学を済ませているのですが、

息子は初めて。

どんなリアクションをするのだろうか?と楽しみでした。

そんな私ですが、ちなみに

久々に親子コーデをしてみました(笑)

mamaは

#アクアスキュータム の一生モノのコートに

#ジョンストンズ のカシミヤストール

My son のcoordinate ❤

ストール&サルエルコーディロイパンツ&ムートンブーツは

全て#smoothy です(˵ ˃̶̀ε ˂̶́ ˵)ෆ⃛

コートはhighking。

お気に入り過ぎてサイズが小さいけど、着せている、、

来年はさすがに無理だろうなぁ〜涙

トレンチ&ストールでリンクコーデ。

テンションが上がった一日でした。



さてさて、

久々の親子コーデだったので、

ついご紹介したくなってしまった戸田ですが、

今日の本題はそこではありません。


タイトルにも書きましたが、

ワーキングマザーは皆、通る道 【小1の壁】問題です。


ご存じですか? 「小1の壁」。

子供が小学校に上がるタイミングで、大きく変わる様々な時間軸。

今までやっとの思いで積み重ね、習慣とさせてきた

子育てと仕事との両立の時間わり。

これを一気に破壊し、大きな壁となり、私たちの前に立ちはだかる。

ワーキングマザー界隈ではこのタイミングを「小1の壁」と呼びます。


メディアや雑誌でも特集が組まれるほどです。

当事者たちは、これから自分に起こるであろう困難に対して

目に見えない不安を抱えています。

だからこそ、不安や悩みを共有できる仲間が欲しい。

先輩ママからのアドバイスやいい解決策はないか?

もがいています。


もちろんのこと、わたしも渦中の一人。


そんな私は、私なりに

保育園と小学校の大きな違いと、

個人的な不安を書きました。


■小学校に入ると楽になると思いきや、【学童】の預かり時間は、保育園より早い。

保育園では19時ごろまで、もしくは民間運営だとそれ以上も預かってくれましたね。

しかし、午後の早い時間には終わってしまう小学校。その後は【学童】なるところに子供達は行きます。しかし、学童での預かりは17時、18時まで。

融通なんて聞かないでしょうから、それ以外の手も考えておかなくてはなりません。

ファミリーサポートがいいなんて聞いたけど、、、それも人次第だろうし、、、ね。


予想される解決案

・区が運営しているファミサポか、

NPOや民間が運営していることを探す。

・シッター会社を使う。

・ママ友と協力体制を作る。


■教育面に対して今以上のフォローが必要

保育園は遊び場。(もちろんこの時期は遊びながら大切なものを学びには大切な意味があると思ってます)

という認識が強かったのに対して、小学生になると知能が急激に発達。学業という”業”を成す時期に入ります。とはいえ、まだまだ幼稚園児が抜けるわけはなく、ましてや、宿題なんて自分ではできないので、しっかりと親のフォローが必要。

仕事が終わって、子供の宿題みて、その後、また残っている作業を自宅で、、なんて

そんな体力あるのだろうか?とめちゃくちゃ不安です。


予想される解決策

・今以上の自己管理。

具体的には栄養面と、筋力UPが大切。

もっといえば、インナーマッスルを鍛えることで

骨盤がしっかりと立つので、足、腰への負担が軽減されます

むくみを許さない身体作りをあと半年で作り上げる予定。

実際には最近はリンドゥー鍼灸院

星玲奈ちゃんに紹介してもらった

加圧スタジオボディーデザインへ通ってます。


■子供たちの人間関係や親同士の関わり。そしてPTA。

小学生になると、今まで親との世界が全てだったのに対して、子ども同士の世界ができ始めます。子供同士で約束をし、待ち合わせして出かけたり、部活動が始まったりと、どんどん自分たちの価値観や世界観が作られます。忙しくなるので、ママなんてそっちのけの日がいつかやってくるだろう。と思うと悲しくなりますが、それも成長。温かく見守るつもりです。

心配なのは、友達との人間関係。まだまだ子供によって成長過程が違うので、ぶつかるのは当然だとしても、学校へ行きたくないとはならないように祈ってます。

親同士の関わりも、戸田にとってはかなり心配。

仕事は比較的都合がつくものの、一方で急に対応してくれ、、、という事もあり、ましてやPTAともなると、責任もって取り組むのが務め。頭の中で、あっちもこっちも大事なことだらけとなり、パンクしないかしら??と内心焦ってます。


予想される解決案

・仕事面では、しっかりと社長業のフォローができる人材を育てる。

・子供との会話を意識的にするように心掛ける。

学校での出来事をなんでも話すという習慣を付けることが大切。

今考えているのは、自分が小学校のときの話を沢山してあげようと思っています。



以上、戸田が考える、小1の壁とは何ぞや?でした(笑)


結果、様々な予測はしていても、

予想外のことは起こり、ここに年間行事という

トリックスターが現れたりするんだろうな。。と気分が重くもなりますが、


とはいえ、やるっきゃないでしょ!!お母さん。


子供の笑顔を守るため、女戦士として戦います!!



ブログをご覧の皆様、

小1の壁を乗り越えるヒントや、実際、自分はこうやって戦ってきましたよーなんてことがあれば、是非教えてくださーい!


よろしくお願いいたします!


では、

明日は卒園旅行で東京DLに行ってきます!


お休みなさーい!

0コメント

  • 1000 / 1000