【保存版】贈り物をする際に、 何がいいか迷ったら考えるべきこと


今年のはじめ、

昨年、お世話になった方々へ

戸田がご用意させていただいた

御礼の品。



銀座菊廼舎-きくのや

創業明治23年の江戸和菓子屋です。

お土産に最適な「冨貴寄」

小さくて可愛らしい干菓子を

約30種類詰めてあります。

菊廼舎の代表銘菓です。


お贈りさせていただいた方々からは

センスがいいと、お褒めをお言葉を頂きました。


勿体ないお言葉です。

ありがとうございます。


今回のコンセプトは”輪”


ひとつのものを、

みんなでつまむ。

そこで生まれる会話を想像しながら選びました。


子供達がいるご家族だったら

「わたしはピンクの金平糖がいい!」

「僕は変な形のクッキー!」

とかね。


社内の場合でも

昔ながらの素朴なお菓子です。

きっと、

おばあちゃんがおやつにくれた

という想い出のある方もいるはずだし、

あえて、ちり紙に包んで、

ご家族に持って帰っても面白い。



そんな事まで、思考が巡りました(笑)



この、まあるい缶を開けた瞬間、

なにかを感じて、

顔と心が、

パァっと明るくなっていただけたら、

喜んでいただけたら、

何よりもうれしいですね。



ところで、突然ですが


センスがいい贈り物とは

一体どういうことでしょう?

語源からみてみましょう。


ラテン語の「sentīre」という単語が語源になっていて
これは、「感じる」を意味する。


つまり、

その物を

送る側も、もらう側も


そのものから

何かを感じれるかどうか。

ということ。


具体的な方法としては、
物を選ぶとき、
相手がその物を使ったり、
食べたりする瞬間が
リアルに想像できたら、
大成功な贈り物だと思います。


贈り物をする際に、
何がいいか迷ったら、
送る相手の笑顔を想像しましょう。


・そのとき相手は何をしてますか?


・何で喜んでいる姿が見えますか?

・その時に周りにあるものは何ですか?


そんな順序で連想すると
案外簡単に決まるものです。

もし、あげて喜ぶ顔がみれなかったとしても、
落ち込むことはありません。
選ぶ過程に、どれだけ相手のことを思ったかは

必ず伝わるはずですから。



センスとは

ものもそうですが

服でも

会話でも

生きていく、ということにも

大切になってくるもの。


人間力には必要不可欠なものなのです。


このセンスは、シリーズ化していこうと

思っていますので、お楽しみに。










0コメント

  • 1000 / 1000