for meではなく for youから始まる幸せ。 わたしはそっちのほうが好きだな。

1000名近くの応募の中から選ばれた 


息子が書いた【ママの似顔絵】


生まれて始めての”賞”というものを頂きました。


こんなにも元気よく、生き生きとして絵を描いてくれた事。

嬉しくて涙が出そうになりました。

本当にありがとうね。息子くん。

他にも沢山の絵が飾られています。

年齢にも幅があり、2歳~小学生まで。沢山の応募があったようです。


思い返せば、私は絵で”賞”をとった記憶がありません。

どちらかというと、端の方から緻密に描くタイプ。よく観察してから書くほうだったので

複写的なものは得意なほうでしたね。とはいえ、枠から外れるほどの大胆さなかった。

私の場合、絵ではなく”書道”が得意だったので、そちらでは必ず賞は頂いてました。

言いたかったのは”賞”自慢ではなく、一つの事柄が他から認められる経験はとても貴重で、それが自信と経験になって後々に繋がっていく。今回は本当にいい機会を与えてくださいました。地元の方々に感謝です。

表彰台へ上がった息子の姿、堂々としてました。成長したな。

息子の笑顔と日々の成長が、母親にとっては最高のプレゼントですね。

ちなみにですが、

ママは 眼鏡 をかけてました(笑)


そして

『まま、すき』の文字が♥


他の子の絵には誰も書いてなく、息子くんの絵のみ。

絵を描き終わったあとに、どうしてもママに伝えたかったメッセージなのかな?と思うと本当に嬉しくて、嬉しくて、、、


我が家は、父親のいない家庭です。

出産して一番心配だったこと。

この子が成長するにつれて、父親のいない事を寂しがり、笑顔が少なくなっていったらどうしよう。

言いたい事も言えなくなって、自分の気持ちを伝えることを拒む子になってしまったらどうしよう。

ずっとそんな事を考えてました。


なので、私は毎日毎日、息子に『好き』と伝えます。『愛しているよ』とも伝えます。


その理由。

好きと言って!ではなく好きと気持ちを伝えるのは"for you"

自分の心をOPENに出来てさえいれば、相手の心もOPENになる。

人と繋がっていける。関わっていける。

そんな事を伝えたかったから。


for meではなく  for youから始まる幸せ。

私の周りの大切な人が伝え続けてくれたから、わたしもそうしたい。

わたしはそっちのほうが好きだな。



わたしの心配をよそに、明るく笑顔の絶えない、とびっきりの素敵な絵まで描いてくれる素敵な男子の成長中。


沢山の人に何かを与え続けれる人に育ってほしいな。


その為にも、ママはこれからも頑張り続けます。



【母の日】という日にありがとう。




0コメント

  • 1000 / 1000