口紅が引けなくなった女の理由。

口紅が引けなくなった女の理由。


「間違ってないか、合ってるかがわからない」


20代の頃は確実に

恋する女を自覚していたし、

なによりも

女である自分を楽しんでいた。

だからこそ、そこには

メイクする「楽しさ」があったのだけど、

それを、子育て期に自分を着飾るための

時間お金情報を少しづつ失い


いつしかメイクは

「美しくなりたい」というWANTから、

「劣化してはなら」というTASKに変わる。


そこで、久しぶりにメイクアップスイッチを

入れたママたちが鏡を見て

⁇⁇ になる瞬間がある。


あれ…なんだか、おかしい、

そこに写っているのは、

以前と同じメイクを施した私。

なのに、

そこに写っているのは、

見たこともない女。




これ、若作り?痛い?けばい?古い?


あれ…「これで合ってる⁈」と、焦りが増す。


美容へのアンテナが高いママは

産後もメイクをきちんと更新している。

でもそうではないほとんどの層は結構なブランクがある。

なのに、メイクノウハウは28歳のまま。

ここで路頭に迷うのだ。


20代より女として

明らかに似合うはずの口紅。

口紅を引くのを怠りたいわけじゃない。


、、、正解がわからない。


ただ、

口紅は正解不正解がはっきりと

出るということだけは

わかっている。



そんなママたちへ送る、

戸田さと美の

”35歳からのメイクアップスイッチの入れ方講座”を

開催いたします。


ですが、ごめんなさい。

あっという間の70枚が完売になってしまいました、、、。



今後ですが

実際にわたしの美容講座を聞きたい!

というお声を沢山いただいておりますので

3月頃から

定期的に皆さんと直接にお会いできる場所を

もうけたいなぁと思っておりますし、

ひとりひとりと向き合って

美容心理学、美容概念と実践、を

お伝えしたいと思っているので

楽しみにしていてくださいね!

0コメント

  • 1000 / 1000