幸せになりたいなら、この食材を食せ!豚肉に含まれる幸せの源。

今日は。


昨日は、息子が6か月の頃に出会い、私がママ読者モデルとして雑誌にでるきっかけを作ってくれた、大切な友人であり、凄腕ライターの中川さんとランチでした。


久々に訪れた表参道TWO ROOMS GRII。

開放感のある、この場所は戸田お気に入りです。

中川さんは、VOCEでも1,2位を争うほどの人気ライターさんで、神崎めぐみさんや紗栄子ちゃんのページもよく担当しています。そんなにすごいのに、本当に気さくで、、、

いつも「戸田ちゃん、戸田ちゃん!!」と言いながら笑顔で迎えてくれます。

怒っているところは見たことがなく、”仏の中川”と言われている程(笑)

いつも私の事を気遣ってくれて、さりげなく優しい言葉をかけてくれます。


そんな中川さんとの会話は、やっぱり美容談議。

巷では女性ホルモンというワードもよく見かけるようになりました。


わたしが今後女性の働くと健康について取り組んでいきたいと思っていると話したら、

色々とご協力してくださると言ってくれて、心強い。


やっぱり持つべきものは友人です。




さてさて、

Two rooms grill でのランチはコチラ⇩

あら、まぁ可愛らしいPINKのスープ。こちらはスイカの冷静スープです。


ウォーターメロンとも呼ばれるスイカは、その90%が水分、10%が糖分という、大変みずみずしい食べ物ですが、その赤い果肉には様々な成分が含まれています。身体に優しく、夏バテに効果がある食材の一つです。そして、利尿作用があるとも言われています。しっかりと老廃物は出していかなければいけませんね。また、一時期はやりましたね、注目されている成分としてリコピンがあります。トマトに入っているやつです。他にはカリウム、シトルリンと三つあり、もちろんこの他にもたくさんのビタミンやミネラルが豊富に含まれています。主な効果を紹介していきましょう。



★疲労回復作用と利尿作用がある

カリウムというのは、果肉や種子に多く含まれ、疲労回復や利尿作用があるとされています。夏の暑さで衰作用があるのは嬉しいですね。


★赤肉スイカはカロティンが沢山!

赤肉すいかの色素にはβカロテンとリコピンが大量に含まれています。βカロティンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。また、リコピンは、活性酸素を減らす働きがあり、老化予防に効果的と言われ、更に呼吸器系の免疫力を高めるともいわれています。


★血流を改善するシトルリン

スイカには血流を改善するシトルリンという成分がふくまれているそうです。シトルリンはきゅうりやスイカなどの体内で一酸化炭素を作り出す効果があります。一酸化炭素の響きはよくないのですが、逆に身体は頑張って血管を広げ、排出しようとします。

血管が広がると血流量が増えますよね。手足の末梢の血管が広がれば、冷え性が改善します。血流量が増え、老廃物がスムーズに流れればデトックスやダイエット、ムクミ解消になるんですね。


わたしが一番大事にしているのは”血のめぐり”

そもそも”ホルモン”は血液に乗って全身をめぐります。←これ以外に知らない人が多いです。

血は酸素も運びますが、老廃物も運びますし、ホルモンも運びます。

全てのバランスをよく、健康でいる為には血液をサラサラにしておくことが大事なのですよ。


そして、

メインディッシュはこちら。”豚肉”

戸田は外食でお肉を食べるときの8割は【豚肉】とオーダーします。


豚肉は、”幸せホルモン”と呼ばれる”セロトニン”を生成する食材として有名です。

何故かというと、豚肉には、セロトニンの原材料となりトリプトファンが多く含まれているから。


他には下記の食材にも多く含まれていますよ、

・バナナやみかんの特に白いスジ

・プロセスチーズ

・牛乳

・豆乳

・ひまわりの種

・アーモンド

・すじこ

・たらこ

・赤身魚

などなど



女性ホルモンはこの、セロトニンととても仲良しです。

セロトニン不足は女性ホルモンのバランスを乱しますので気を付けてくださいね。

また、生理痛の改善には、そこときだけではなく、毎日の積み重ねで体質改善をすることがポイントです。セロトニンの分泌やエストロゲンに関わるビタミンB6やストレスを緩和するビタミンB群をバランスよくとるよに心がけましよう。



また色々情報共有していきますね!

0コメント

  • 1000 / 1000